キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

管理栄養士 食育子先生のプロフィール

管理栄養士 食育子先生こと川村郁子です。
1人1人の「生活習慣」や「体質」に合った食べ方で「健康」と「美容」を手にいれていただき、毎日元気で楽しく過ごせる人を増やすため

イベント出演や食育セミナー、お料理教室主宰、コラム執筆、専門学校講師、ラジオ番組・・・など活動をしています。

 

特に、細胞一つ一つのキレイをつくる為に
その材料である“食”は欠かせない
ことだと考え
セラピストやエステティシャン向けに美容食育講座、スクールに力を入れています。

 

私は学生時代、太っていたことから

痩せて健康的にキレイになりたい!と栄養や美容に興味を持ちました。

進路を決める時に、痩せるためには内面と表面から両方のケアも大事だと考えていたため

美容系にいくか、栄養士系にいくか迷っていました。

キレイになりたいという願望が高かったこと
どちらが大事じゃなく表面からのケアや癒し、
食べ物のケア両方大事だとその時から思っていたこと

で非常に悩みました。

料理が好きだった事と、
健康的で「ずっと続くキレイ」をつくる為にはまず基礎である日々の食事が大事
だという理由から結局管理栄養士という道を選び進んできました。

そして、栄養科の大学を卒業し、病院栄養士を経験しました。

その後、フリーとして独立
専門学校の講師や、経営者交流会で提供する料理のお仕事、
ダイエットサロンの栄養指導のお仕事などをさせて頂きました。

その中で、管理栄養士の方だけでなく、
たくさんの美容関係のお仕事をされている方達とも出会うことができました。

 

 


そこで感じたことは、美容関係の方の中でも
「本当のキレイの為には食が大切なことは分かっている。
だけど、どのように伝えて良いか分からない」

「ちゃんとした知識がなくて不安なので、お客さんには栄養のことは言わない」
「とりあえず、ドリンクやサプリメントを業者さんから聞いた通りにお伝えしているだけ」

という方が意外と多いという事です。

 


しかし、世の中には、“ライフスタイル”や“体質”
そして“嗜好”など人によってそれぞれ違います。

 

例えば、帰宅する時間が遅く、コンビニ食を食べざるを得ないと感じている人がいます。
そんな方に「三食自炊してください

と伝えても意味がない場合がほとんどです。

 

 

...結局、最初のうちは頑張っていても
睡眠時間を削ってまで自炊の時間を割いてしまいがちです。

結局代謝が落ちる結果となってしまう。
ストレスが溜まって、暴飲暴食をしてしまうという例も数多く見てきました。

 

また、ドリンクで一時的に体質が改善する方もいます。
だけど、普段の食習慣が変わっていないので、また飲まなくなると元に戻ってしまいます。

 

そうやって、根本的な解決になっていないという例も見てきました。

なので私は、その人の体質・生活習慣・状況に合った「方法」を
提案できるような方を増やしていきたい
と思っています。

 

もっとその方のライフスタイルに合った提案をすることで、
結果お客様からも信頼が高まり、喜んでいただけるようになる。

内側と外側からのアプローチによりお客様の望む理想に近づけることが出来る。
結果リピート率向上にもつながります。

そんなお客様との関係をつくれる。
そして「美しさ」「健康」を手に入れる人達を増やせる
専門家(セラピスト・エステティシャン)を
「食」の面でサポートしていきたい
と思っております。

また、ラジオでは毎週“食で心も身体も好きになる”をモットーに
旬の食材や体質改善についてお伝えしています。

“完ぺきに自炊出来なくても
今のライフスタイルで少しずつ食生活を改善
”できる方が増えるように
ラジオやWEBコラムなどで情報発信をしています。

私は、もっと「健康的に食べる」ことを楽しむ人が増えてほしいと強く思っています。

 

最初は“綺麗になる為”に興味を持った「食」が
将来的に家族の健康の為に生かされ、
家族団らんの食卓が絆を生むきっかけの場として広がって欲しいと思います。

 

そして、楽しく食べることは
身体の循環を良くし、活力を生みます


その結果、身体だけではなく心も元気になることに繋がります。

 

つまり、食から心も豊かになる人を増やしたいと考えます。

 

帰宅後、カップラーメンや外食をため息つきながら
「はぁ、今日も身体に悪い食事をしているなぁ」と自分を責めながら食べている。

そんな方が、帰宅後15分で時短でもバランスのとれた食事をパパッと作って
今日もいい一日だったなぁ♪」なんて、
ご機嫌で一日を終えることが出来るようになって欲しい。

 

そういえばどんどん肌も綺麗になっていっているし、体調も良くなってきたなぁ
なんて自分に諦めない人が増えることが本望です。


そんな自分を諦めず、今も未来も大切にする人がもっと増えて欲しいと思います。

今日を楽しみ、未来の自分も幸せにする食生活をする人を増やすこと。
食のことで悩み苦しみ、そして楽しみも得て生きてきた私だから出来る
社会貢献を続けていきます。