キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル

【10代のダイエット】間違ったダイエットで身体を壊さないようにするポイント


 

私は、小学生の時からクラスメイトの男の子の何気ない一言で

 

「あれ?私って太ってたの?!」

 

 

と思って悩むようになりました。

 

そして、本屋さんで見つけた色んなダイエット法に挑戦する日々が始まりました。

 

小学生の時に挑戦したストイックな食事制限

 

最初に試したダイエットは、一日9品目を食べようというもの。

 

その考え自体はとっても良いものだと思うのですが

 

本に載っていた「2週間で5kg痩せる献立」というものを小学生が試してしまったのです。

 

育ち盛りの子供なのに、朝はスープとクラッカーのみ

 

常に空腹状態で、頭がフラフラになってしましました。

 

高校時代に行った、自己流の低インシュリンダイエット

 

また、高校時代に挑戦した「低インシュリンダイエット」では

 

ごはんはNGでお肉はたっぷり。生クリームは沢山食べてもOK

 

と自分で解釈してしまったせいで

 

お昼ご飯は、ご飯ナシの冷凍おかずたっぷり弁当を食べていました。

 

いつも母が手作りで作ってくれていたにも関わらず

 

”そのせいで太ったんだから”

 

と、自分で加工食品弁当を詰め始めたのでした。

 

結局、一時的に体重は減ってはみたものの

 

常にイライラし、夜中、堰を切ったようにご飯を5杯も6杯も食べだしてしまったのです。

 

吐いたりはしませんでしたが、物凄い自己嫌悪に陥って辛くなったことを今でも覚えています。

 

決して、「健康的なダイエット」とは言えません。

 

すぐに結果を出そうとするダイエットは危険

 

単品だったり、栄養不足だったり、偏った間違ったダイエットは大変危険です。

 

もとの体重やライフスタイルにもよりますが

 

特に、1週間で~とか1か月で5キロ以上落とすようなダイエット

身体にとってダメージが大で、リバウンドも起こりやすいです。

 

ダイエット

 

 

成長期は、将来の為に身体をつくる時期なので

 

この時期に数字を追いかけるダイエットはしない方が賢明です。

 

...ではこの時期にダイエットをしたくなったらどうすれば良いのか?!

 

その為には”そもそも本当に自分は太っているのか”を知った上で

 

 

色んな食材を栄養素をしっかりと食べながら、運動で引き締めていく必要が有ります。

 

成長期のダイエットは、しっかり食べて運動をすること!

 

10代の代謝が高い時期に、運動をしないのは非常に勿体ないと考えます。

 

ダイエット

 

また、10代は学校や勉強、人間関係など大人と変わらないくらいのストレスを溜めやすい環境にもあります。

 

運動をすることによって、ストレスを発散させながら

 

偏食をせずに、野菜も肉もごはんもしっかり食べて代謝していきましょう!

 

それが、結局は身体のダイエットから「ココロの安定」へとつながっていくことでしょう。